歯周病

周病って何?

写真

健康な歯が抜け落ちてしまう怖い病気、歯周病。30歳~40歳代の80%以上が歯周病にかかっているといわれており、自覚なく静かに進行する怖い病気です。

歯周病とは細菌を原因に引き起こされた炎症によって、歯を支える骨を失っていく病気です。失っていく病気です。歯を建物に例えると、地盤がゆるんでくるような感じです。病状が進行すれば、歯を建物に例えていうと、倒壊します。(歯が抜けてしまいます)。また、歯周病菌は口の中だけにとどまらず、血流にのって全身を回り、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・早産などにも関与していることがわかってきています。

周病治療って何をするの?

写真

ブラッシングでは、除去できない歯石を撤去し、歯周病に侵され弱ってしまったそれぞれの歯にあった噛み合わせをつくります。歯がグラグラしている時はしっかりした歯と接着し固定したり、あまりに病状が進行した歯は抜くことが必要な場合もあります。放っておくと周囲の歯にも悪影響を及ぼすからです。そういった場合には何かしら人工の歯をいれる欠損補綴という処置も必要になります。歯並びが悪く、歯周病の改善が見込めないような場合や、歯周病によって歯が移動したような場合には矯正治療も必要になる場合があります。当院では徹底的に歯石を除去するために歯周外来治療も積極的に行っています。

顎関節の治療

歯周病は生活習慣病であり、ある程度進行しないと強い自覚症状をあらわしません。そのため、歯周病の進行に気付いていない人が多くいます。初期には歯周が少し腫れて出血がしやすくなる程度ですが、中等度以上となると歯肉が膿をもって腫れたり、退縮したり、歯が動きだしたりと痛みをともなう病状があらわれてきます。重度ともなると歯はグラグラになり食物を噛もうにも痛くて噛めなくなってしまいます。最後には自然に抜けてしまいます。歯が1本だけそうなるならまだ我慢も出来るかもしれませんが、歯周病の進行は一般的に全ての歯に波及します。歯の形態によって、進行しやすい歯・進行しにくい歯、という差はありますが大切な自分の歯を守るために患者さまにはなるべく早くお口の現状を把握し、正しい歯科知識を身につけて頂きたいと願っております。歯を失った後に、自分の歯で食事が出来る幸せを実感してからでは遅いのです。1本1本を自分の財産だと思い大切にして下さい。

耳鼻科・皮膚科・小児科診察・予防接種予約ページはこちら 耳鼻科・皮膚科予約方法 小児科診察・予防接種予約方法 耳鼻科・皮膚科・小児科自動予約電話050-5533-6299 歯科電話予約の番号0562-45-6110 本日の予約状況 ひいらぎ日記 耳鼻咽喉科 歯科 国連UNHCR
国連UNHCR
QRコード

柊みみはなのどクリニックの
パートナークリニック

丘の上歯科病院
港みみはなのどクリニック
LINE
Instagram
facebook twitter

柊みみはなのどクリニック
(耳鼻科・小児耳鼻咽喉科・歯科)
大府市柊山町3-315