のどの病気

扁桃炎

昔ほど安易に扁桃腺を摘出することはなくなりましたが、扁桃炎を繰り返す方は注意が必要です。

扁桃炎とは?

のどにある扁桃(丸くゴロゴロしたものです。)が炎症を起こし、のどの痛みや発熱を起こします。急性で一時的に発症するものもあれば、慢性化してしまい、扁桃炎を繰り返す場合もあります。

この病気の原因は
細菌・ウイルスの感染、過労、ストレス、飲酒、タバコです。
長嶋元巨人軍監督は、現役時代タバコを吸っていてしょっちゅう反復性の扁桃炎を起こしていました。そこでタバコをやめると扁桃炎が治り、万全の体調で試合に臨めるようになったというエピソードがあります。
細菌ウイルスの感染などは防ぎきれない部分もありますが、タバコや飲酒などのライフスタイルの改善により扁桃炎は多くの場合、症状の改善が見込めます。
この様に治療します

扁桃炎

あまり扁桃炎を繰り返すと、扁桃腺から離れた部位に疾患を引き起こしてしまうことがあります。
具体的には糸球体腎炎、リウマチ熱、心内膜炎症、拳蹠膿疱症などです。1年に4~5回以上の扁桃炎が2年以上継続している場合は手術を考慮に入れていただくことがよいかと思います。

この症状の治療ができる病院

大府柊山院ご予約ページはこちら 大高駅前院ご予約はこちら

有松駅前院予約ページあこちら