柊みみはなのどクリニック

糖尿病と歯周病

尿病と歯周病の関係について

近年、糖尿病と歯周病は互いに関係していることがわかってきました。歯周病を悪化させると、糖尿病を悪化させることに繋がります。歯周病を口内のみのトラブルと考えず、しっかり治療することが大切です。

んなふうに関係しているの?

糖尿病になると血液中の血糖値が高くなります。これを体外に排出しようと体内の水分を尿として出すため、口内が乾燥した状態となります。乾燥した状態は細菌が繁殖しやすい環境のため歯周病の発症リスクが高いと言えます。
また、高血糖の状態では白血球の働きが弱まるため進行が早く、治りも悪いのです。
歯周病になると血糖値を下げるインスリンが作られにくくなります。
歯周病菌が、インスリンを作るのを邪魔する原因因子の濃度を上げるからです。

糖尿病の方は歯周病治療に関して薬の調整が必要になる場合があります。糖尿病の主治医に歯周病治療を開始しても良いか、事前に相談して頂くといいでしょう。また、服用中の薬があれば、必ず歯科医にお申し出ください。

糖尿病治療と歯周治療を並行して行うことで健康な体に戻していきます。
歯を失い、食事が摂れなくなるのはとても辛いこと。抜くことになる前に積極的な治療をお勧めします。

耳鼻科・皮膚科予約方法 耳鼻科・皮膚科・小児科診察・予防接種予約ページはこちら 歯科予約ページはこちら 耳鼻科・皮膚科予約方法 耳鼻科・皮膚科予約方法 小児科診察・予防接種予約方法 歯科予約方法 耳鼻科・皮膚科・小児科自動予約電話050-5533-6299 歯科電話予約の番号0562-45-6110 本日の予約状況
舌下免疫療法 ひいらぎ日記

耳鼻咽喉科 歯科 国連UNHCR
国連UNHCR
QRコード

柊みみはなのどクリニックの
パートナークリニック

丘の上歯科病院
港みみはなのどクリニック
LINE
Instagram
facebook twitter Tic Tok

柊みみはなのどクリニック
(耳鼻科・小児耳鼻咽喉科・歯科)
大府市柊山町3-315